at OFF これがあるから仕事が出来るってもんだ!

エス・コヤマ ロケンロール

e0243420_16373222.jpg
  久々にパティシエ界の重鎮、コヤマロールで有名なコヤマススム氏とのリハーサルでした。
来る9月9日、神戸ウィンターランドでの「パティシエロックな意図Vol.9」にコヤマバンドとして参加します。

コヤマ氏はパティシエ界におきましても、無類のハスキーボイスの持ち主でその声はスタジオの爆音の中でも決して埋もれることはありません。
どのようにしてこのヴォーカル声になったのか?不思議です。そうとうお店のほうで大声を出しておられるかかもですね。

このメンバーでのスタジオは、茨木市にある超高級スタジオで出来るので御機嫌ですよ。ひと部屋しかないんですけどね。

ここを使うきっかけになったその訳は、なんとメンバーが神戸組と京都組に分かれているのです。ちょうど高速道路の中間地点に茨木インターがあるので、アクセス抜群なんです。それに全員の車が無料で駐車できる!最高の環境の中で楽曲が完成していきます。
[PR]

# by atoff | 2012-07-24 16:38 | 天職

サテライトな人達

e0243420_1474959.jpg  FM千里83.7MHzパーソナリティー山本 一夫さんの『千里!僕らのミュージックジャングル』に生出演して​きました。楽しくて1時間一瞬で終わりました。最初は私(キーボード)とBASS抜きの3人の出演予定だったのが、パーソナリティの山本さんが私をよく御存知でおられましたため、是非来て下さいということになりました訳ですわ。
  場所は千里中央なのですが、北の端っこライフサイエンスセンター1階、それもまた奥の奥にサテライトスタジオがありまして、観客は守衛のお兄さん一人!(マジです)向かい側にDocomoがあるのですが、かなりうるさくしてるのに、振り向き一つしない!そんなものかよ俺たち(ToT)/~~~でも電波は豊中、吹田、茨木などかなり飛んでるそうです。USTREAMも配信してくれて、遠くはアメリカからもコメントいただきました。Twitterからのリアルコメントも反応良く次回ライヴに期待が高まります。
  しかしラジオ出演も慣れてくると、ディレクターさん、パーソナリティさんを無視して喋るは喋る!最後には“北摂悪の会”とまで言われてしまうほどマイクの取り合いでした。この幸せなひとときに関わってくださった方々、全てに感謝いたします。
[PR]

# by atoff | 2012-02-25 16:55 | 天職

うどんのアルデンテ初体験!

e0243420_1081437.jpge0243420_1083796.jpg
 名古屋へ機械の展示会を見に行ってきました。このブログでは、そんなことどうでもいいんです!
そのあとどうしたか?なんですよね。「観に行く」もいいけど、やっぱ「食べにいく」でしょ!
まだまだ名古屋食道楽を知らない初心者なので、これから勉強したいと思っています。
「失敗は成功のためにある」
正直、名古屋の味というものを軽く見ていた私は浅はかでした。名古屋の皆さんスイマセンm(__)m
で、今回きしめんも考えましたが昔食べた「宮きしめん」の味噌煮込み味が忘れられなくて、味噌煮込みを挑戦しようと決めました。展示会が尾張旭の近辺だったので、市内まで行くのも遠いし近くで探しました。
まったく何も解らないので、「山本屋」を紹介していただきました。しかし、きっちりカーナビを使いつつも、そのお店にたどりつけず、山本屋で再検索しました。そこで出てきたのが「山本屋本店名古屋インター南店」でした。

e0243420_1085960.jpge0243420_1091731.jpg

 お昼頃だったので当然ですが、満員です。でも20分待ちくらいですかね。ここは観光バスも駐車でき団体様もこられるとか。この時も店半分団体さんが来られてました。で10人掛けくらいの食卓に案内されもちろん合い席で座りました。
さぁメニューですが味噌煮込みうどんしかないのですよ!それなのにこの人気なのだから絶対失敗はないかと思いました。しかしメニューの価格が高い!B級グルメの私にとっては清水の舞台からのバンジーです。普通のみそ煮込みが1,000円くらい、モツなどがトッピングされれば2,000円、びっくりしたのは旬の牡蠣ですが3,000円でした。牡蠣に関しては親戚が岡山の日生に住んでますので、まぁいやっちゅうほど食べてますのでそれほど魅力は感じませんでした。
あとで知ったことばかりなのですが、土鍋の蓋に穴が開いていないのです。どおりでまわりの通の人は蓋をお皿がわりにしてたっけ。
それでは通の食べ方らしいを御紹介します。
①まずは煮込みの中の卵。これは貴重なコーチンなので御飯(これが食べ放題なんです)にのせて、卵かけ御飯に舌鼓をうつ。
②アルデンテのうどんをしっかり堪能する。これはバリ堅でしっかり芯が確認でき最後の最後まで堅いままでいただける。
③漬物で御飯をお代わり。このお漬物がまた食べ放題!値段が高いのもこれで納得しました。

e0243420_1093456.jpge0243420_1094696.jpg  ④最後はわたしの大好物「にゃんこ飯」!もうたまら~ん!
いろいろ書きましたが、これはあくまで後から知ったことなのです。
当然このときは普通に味噌煮込みを食べて帰ってきました。あぁ~下調べしとけばよかったなぁ。(>_<)
地元の方に聞いてみると山本屋さんには総本家というのもあるらしいが、ぜひ挑戦する価値ありだ!


[PR]

# by atoff | 2011-12-22 10:10 | グルメ

祇ONLY ONE!

e0243420_10284126.jpge0243420_10285851.jpg
  またもやパワースポット祇園編です。友人からは最近京都が多いなと怪しまれ中です。(^_^;)

「ふしみんいなりん」ではないのですが、今回もお稲荷さんに車を停めさせていただきました。お賽銭も手も一つ合わせず帰ってごめんなさい。m(__)m伏見さんの駐車場の整備もだいぶ出来てきました。右側、左側、右上、奥とかなり広くなり100台は駐車可能な感じです。

前回の常盤さんの帰りに「九条ねぎたっぷりうどん」の看板を見てしまったのが最後、食べたい食べたい食べたいが募りまして行ってきました。(*^^)v
祇園ってホントにおうどん屋さん多いのですね。東京なら蕎麦でしょうが祇園はうどんです。とにかくうどん!

暖簾をくぐれば「おこしやす~」の声にもう食べる前からパワーが入ります。
カウンターのみ5~6人座れるくらいの店内です。さてさてメニューをどれどれ・・・うどんメニューが九条ねぎたっぷりうどんと、焼きうどんの2品しかない!えっおうどん屋さんではなかったの?

後で知りましたが、ここ「なか」は(女将さんのお名前らしい)もともと小料理屋さんだったのです。その中の一メニューに九条ねぎたっぷりうどんがあったわけです。でもあの垂れ看板はどう見てもおうどん屋さんでしょ。左にはお食事どころ、いろいろございますって書いてますやん!

って、すぐブログなどに私みたいな族がコメント書かれるのを大変嫌われている、なかさん。ごめんなさい悪気は一切ないよ。
なかさんは、前にもスナックなどを営んでおられてテレビ取材なんかでこっ酷い経験をなさったらしい。まことに失礼だがそこそこ御年配の女将さんにはネット上などの中傷レビューには対応できないだろう。

前置き長いなぁ~、さてお味ですね。お出汁、濃いですやん。あくまで京都の濃さと申しましょうか、決して醤油黒くないのですが、きっちりコクが幾重にも重なっております。昆布、鰹、味醂、砂糖、塩、などがミルフィーユ状態に口の中に広がります。私は基本コクがあるというのは甘いことだと考えています。「旨いは甘い」ということです。

次に麺、京麺の細くコシの無いのを期待していたら、なんと私好みの讃岐風でした。この辺の経緯を次回訪れた時にじっくり聴きたいなと思っています。

さて九条ねぎ!やっぱ美味いよ旨い!冬が旬なのか、このなかさんのお出汁にぴったり!次回は葱大盛りを注文しよう。
この九条ねぎうどんの全体的な感想は、非常にさっぱりスッキリとしていること、バランスはすこぶるGood!若干出汁のコクが明暗を分けるかってなところかな。

祇園の隠れ家的なところが非常に嬉しい、自分だけのお店だ。
あんかけ九条ねぎたっぷりうどんなど裏メニューしてくれないか交渉したいところです。
[PR]

# by atoff | 2011-12-09 10:28 | グルメ

パワースポット

e0243420_10564784.jpge0243420_10495771.jpg

 祇園はやはり私にとっては必須の外せないパワースポットであります。
前回、祇園祭の時に五条弁慶が閉まっていて、ここ祇園常盤に来ても閉まっていて、祇園会館の京麺に赴いた経験があります。今回はまさしくリベンジ!常盤しか頭の中にありません。
風邪気味だったので身体を温めようと、餡かけうどんを注文。更に衣笠丼も・・・(衣笠丼はお揚げさんと卵です。)さておうどんは、非常に柔らかい平麺で餡がこれでもかと絡んできます。出汁は京の舞妓さんを彷彿とさせる、やわらかな膨らみをもった女性的味覚。お腹がとても癒される感じです。 
まさしく“はんなり”の極致ですね。
特筆すべきは、祇園の狭い町中を消防車が駆け抜けます。
リアルタイムで近所で火事発生!祇園の狭い町中を消防車が駆け抜けます。
美味しい出汁の店内の匂いが、一変して煙の臭いに変わります。祇園は建物が密集しているので、火がこちらまで来てはと女将さんはとても怖がっておられました。
多分おそらく大丈夫だったろうと思います。あえて野次馬にも行きませんでした。
しかし色々ある祇園!またパワーをいただいて帰ってきました。  総務部 課長 S.A.
[PR]

# by atoff | 2011-10-28 10:50 | グルメ